ピッタリ住宅の選択で住み心地抜群の環境を手に入れよう

土地相談

土地のみでなく私道も対象です

私道とはその人が所有する公的ではない道路のことを指し、相続税の課税の対象となってしまうのです。もちろん、通常の宅地に比べれば評価額は減額されることになります。通常の評価額の3割ほどに減額されることにはなります。ただ、土地は、相続税評価額がとても大きくなる財産の1つです。そのため、私道の評価額もなかなか侮れないものになります。遺産の1つとして私道をしっかり数えておきましょう。また、忘れずにそのための納付資金を用意しておきましょう。もし相続が難しいというのであれば司法書士に相談することも大変重要になってきます。

課税されないケースとは

私道には相続税が課されます。ただ、すべての私道に対して課税されるわけではありません。ポイントは、通り抜けられるかどうかです。例えば、二つの公道を結んでいる私道があったとします。この場合、相続税は課されません。通り抜けることが可能であるということは、誰でも使う可能性があるということです。その私道に面する家の人が独占的に使っているわけではないので、遺産に含まれないのです。対して、袋小路になっている場所の私道の場合、その私道に面する家の人しか使いません。独占的に使っているということで、遺産として課税されることになります。複数の家が使っているという場合でも、袋小路であれば課税されます。ただ、その場合、私道の評価額は、使っている家で分け合うことになるので、覚えておいて下さい。